トップ会社案内エコデザインハウス研究会環境報告書コンサルティングセミナーサイトマップ

 
エコライフ情報
インフォメーション
エコライフとは?
健康エコ住宅とは?
業者選びのポイント!
カビ対策Q&A
海外レポート
用語集
エコ住宅を建てた方の声
 
中野 博 プロフィール
 
プロフィール
書籍一覧
執筆してきた雑誌一覧
 
環境ビジネス情報
 
環境ビジネス&技術情報
ビジネスパートナー募集

ビジネスパートナー募集中!
 
エコライフ研究所とは?
 
会社案内
コンサルティング
セミナー情報
エコライフマガジン
プレスリリース
 
 
中小企業向けCSR戦略
ホームページ活性化
 
 
 
個人情報について
 
メルマガ登録
 

エコライフ&リッチマインド
 マラソン


登録はこちらから


自社のCSR活動を、関係する皆さんにお伝えする一つの手段がCSRレポートの発行です。冊子として配布している企業やWEBからのダウンロードのみで発行している企業もあります。「環境報告書」や「社会・環境報告書」なども含め、2008年現在、1000社以上のレポートが発行されています。

CSRレポートは、一般的に

「経済」との関わり
  ・企業を取り巻く経済に対して、
 企業がどのような立場にあり、どのような影響を及ぼしているのか

「環境」との関わり
  ・自然環境などに対して、
 企業がどのように、どのくらいの影響を与えているのか

「社会」との関わり
  ・企業が労働条件や人権、一般社会との関わり、製品への責任に対し
  どの様に対応しているのか

が記載され、それぞれについての
  「現状の報告」と
  「今後の展望」がまとめられています。

例えば、「社会」の分野では、地域の皆さんとのコミュニケーションとして、自社の強みを生かした社会貢献活動(植林や環境教育など)を行っていることなどが記載されています。

 

作成する側とすれば、自社の置かれているポジションを改めて見直すことができ、今後の課題点も発見することができるでしょう。

また、今まで当然のこととして光が当たらなかった事も、CSRの観点から見ることでスポットが当たり、形にすることで、満足感からモチベーションもあがります。

このレポートの良い行いを見て行動を起こす人もいるでしょう。また、会社に対しての見方が変わるきっかけになるかもしれません。こうして、善行の環が広がる根源となりえるもの、それが「CSRレポート」なのです。



   
(c) 2004-2005 ECOLIFE INSTITUTE CO.,LTD.All Rights Reserved