トップ会社案内エコデザインハウス研究会環境報告書コンサルティングセミナーサイトマップ

 
エコライフ情報
インフォメーション
エコライフとは?
エコハウスとは?
業者選びのポイント!
カビ対策Q&A
海外レポート
用語集
エコ住宅を建てた方の声
 
中野 博 プロフィール
 
プロフィール
書籍一覧
執筆してきた雑誌一覧
 
環境ビジネス情報
 
環境ビジネス&技術情報
ビジネスパートナー募集

ビジネスパートナー募集中!
 
エコライフ研究所とは?
 
会社案内
コンサルティング
セミナー情報
エコライフマガジン
プレスリリース
 
 
中小企業向けCSR戦略
ホームページ活性化
 
 
 
個人情報について
 
メルマガ登録
 

エコライフ&リッチマインド
 マラソン


登録はこちらから

現在、既にCSRレポートなどを発行されている各社様へ
アンケートへのご協力をお願いいたしております。
下記E-MAILへもご回答いただけますので、ご協力いただけましたら幸いです。後日、集計結果を送付させていただきます。
ご協力よろしくお願い申し上げます!

CSR レポートに関するアンケート

 ご回答者様
 お名前:

 貴社名:

 ご担当部署:

 ご連絡先 
 TEL:

 FAX:

 

@レポートの企画内容の実質の決裁者は?

a. 経営トップ  

b.CSR 部門の責任者  

c. 環境管理部の責任者 

d. 総務部門の責任者  

e. 広報・ IR 部門の責任者  

f. 経営企画部門の責任者

 

Aレポートの報告対象範囲は?

a. 国内・海外(連結)全事業所  

b. 国内・海外(連結)工場など一部の事業所

c. 国内(連結)全事業所  

d. 国内(連結)工場など一部の事業所

e. 国内(単独)の全事業所  

f. 国内(単独)工場など一部事業所  

g. その他(                               )


Bレポートの「想定する読み手」は?(主な 3 つをお選びください)

a. 従業員  

b. 消費者  

c. 株主・投資家  

d. 取引先  

e. 報道機関  

f. 学生

g.NPO ・ NGO

h. 行政  

i. その他(                   )

 

Cレポートの作成目的は?(主な 3 つをお選びください)

a. 社会的な説明責任 

b. 企業イメージ UP

c.IR

d. 従業員意識向上 

e. 社外とのコミュニケーション 

f. 同業他社とのバランス 

g. 営業ツール 

h. その他(                               )

 

Dレポート作成に当たり、参考・準拠したガイドラインは?

a.GRI サステナビリティリポーティングガイドライン 

b. 環境省 環境報告書ガイドライン

c. 経済産業省 ステークホルダー重視による環境リポーティングガイドライン

d. その他(                               )

 

E小中学生・主婦層に対しての CSR 活動は行っていますか?

a. はい(具体的には?→                         )

b. いいえ

 

F貴社 CSR を公開する媒体として最も力を入れているのは?

a. 雑誌 

b. 新聞 

c.TV

d. ラジオ 

e.WEB (自社除く) 

f. その他(        )

 

G貴社にて今後、力を入れる事業は?

(                                   )

 
   


 ご協力いただき、誠にありがとうございました。
 これからも CSR をはじめ、より一層住みよい世の中の為に寄与いたします。
 今後とも、宜しくお願い申し上げます。

返信先
株式会社 エコライフ研究所  CSR 研究室 
E-Mail :info@eco-life.co.jp
〒 338-0832  さいたま市桜区西堀 4-11-7-612
TEL:048-845-4010 FAX:048-845-4020


これまでにご回答いただいておりますご担当者様、

誠にありがとうございます。

ここに一部、ご紹介させていただきます!

Question1:より多くの方にご覧いただくための創意工夫点をお聞かせください。

Answer:
・読んだ方に、より親近感を感じて頂く為、個人で「出演」している写真は全員、笑顔を掲載。

・用語集の作成

・・・・・

Question4:心温まるエピソードなどがございましたら、ぜひお聞かせください。

Answer:
・報告書発行後、アンケートを回答していただく中で、「とてもわかりやすい」や「信頼度が増した」「身近に感じた」「一緒に頑張りましょう」などあたたかいコメントを多くいただき、製作側としてとても嬉しく思いました。

今後も、CSR勉強会などCSRに携わる方々の親睦の機会を設け、この活動からもよりよい世の中へのステップを踏めたらと考えております。同じ志の元、どうぞよろしくお願い申し上げます。



   
(c) 2004-2005 ECOLIFE INSTITUTE CO.,LTD.All Rights Reserved